フリーダム俳優目指すあきしゅんの忘備録

挑戦したこと、学んだこと、何気ない日々何でも書きます

【ヒューマンアカデミーロボット教室】元講師が余すことなくお伝えします

こんにちは、あきしゅんです。

 

 

 

最近だと2020年プログラミング教育が必修化、そしてさせたい習い事ランキング1位はプログラミング教室と注目を集めています。

 

プログラミング教室もいろんな教室名を聞くこと思いますが、本日は私がアルバイトしてた「ヒューマンアカデミーロボット教室」について説明していきます。

 

ただし、先に注意事項です。

 

あくまでも、一講師の意見です。

また、教室や先生によって雰囲気は変わってきます。

これらの理由から、後でも述べますが必ず体験授業に行くことをオススメします。

 

また、他のロボット教室について私は知りません。

そのため、ここでは他のロボット教室についての比較を詳しくはしません。

どの教室にするか迷ってる方は比較サイトを検索していただけるといいと思います。

あと教室の比較というよりは、家の近くにそもそも通える教室があるのかもポイントになります。

 

では、前置きが長くなってしまいましたが講師目線の意見から説明していきます。

 

f:id:Akishun_life:20200205090531p:plain

ロボット教室とは?

子供を持つ親であれば一度は耳にしているこの言葉。

小学校でプログラミング教育が必修化

私が小学生である15年前にはプログラミングなんて言葉聞いたことありませんでした。

 

世界でAIを使って自動化という傾向が出ている今日、教育の一貫としてついに小学校でも取り入れることになりました。

最近だとプログラミングは自動運転や電化製品で必須です。

一家に一台何かしらAIが搭載された機械はあるのではないでしょうか?

 

そんな時代だからこそ、やはり愛する我が子にもプログラミングを覚えてもらって、将来立派になってほしいと思うお父さんお母さんも多いでしょう。

 

そんなニーズに合わせてたくさんのプログラミング教室が設立されています。

f:id:Akishun_life:20200205090638j:plain

 

そしてプログラミング教室の中でも、今話題を集めているのがロボット教室

 

レゴブロックのようなブロックとマイコンやモーターを使って、ブロックでロボットを作って動かそう!そして一緒にプログラミングも学ぼう!というものです。

 

「上の画像みたいにプログラミングって難しそうだし、親でも分かんないのに子供に分かるわけないじゃん」

と思うかもしれませんが、安心してください。

 

プログラミング自体は簡単なコマンドしか使わず、文字を入力するのではなく指令が記載されたパズルを繋げることでロボット動かすことができます。

直感的に覚えることができ、子供でも分かるデザインとなっています。

また、こうゆう作業は子供は以上に覚えるのが早いので、全くプログラミングをやったことない親はあっという間に子供の成長についていけなくなったりします。

 

ロボット教室についてイメージは膨らんできたでしょうか?

 

ヒューマンアカデミーロボット教室とは?

f:id:Akishun_life:20200205090925p:plain

画像引用:ヒューマンアカデミーロボット教室

 

さぁそんなロボット教室の中でも最大規模のロボット教室が

「ヒューマンアカデミーロボット教室」

です。

 

2020年2月5日現在の情報です。

  • 全国1400教室以上
  • 在籍数24000人以上
  • 生徒数も教室数も国内シェアNo.1

と日本最大級のロボット教室です!

kids.athuman.com

 

また、世界で初めて宇宙に行った人型ロボット「KIROBO(キロボ)」や、最近だとCMで知る人も多いでしょう「EVOLTA(エボルタ)」を生み出した高橋智隆先生が監修を務めています。

f:id:Akishun_life:20200205074801p:plain

画像引用:ヒューマンアカデミーロボット教室

 

授業は集団授業で行います。

私は最大9人まで同時に授業していました。

もっとベテランの先生だと1コマの受け入れ人数が多い校舎、また逆に少ない校舎もあるでしょう。

 

ロボットづくりにはレゴブロックに似た、オリジナルのパーツを使います。

このパーツは入会時に購入してもらいます。

 

また、お子様のレベルに合わせて4種類のコースが用意されています。

f:id:Akishun_life:20200205072925p:plain

 

表を見てもらうと分かるのですが、全てのコースでプログラミングを扱う訳ではありません

まずはロボットづくりをしてもらうことで、ロボットが動く仕組みを勉強してもらいます。

コースのレベルが上がるにつれてロボットづくりのレベルもあがってきます。

 

授業は月に2回で、各コース毎月テキスト(アドバンスコースは2月毎)があります。

何かをモチーフにしたロボットを作成してもらいます。

1回目の授業でロボットのモチーフを作成し、2回目の授業は発展で作ったロボットを改造することで、より高性能であったり面白い動きをするロボットを作ります。

アドバンスコースでは実践内容が多くなるので、2月分で1つのロボットづくりをしながらプログラミングを使ってロボットを動かします。

 

テキストもコースによって表記方法が変わります。

例えば、一番簡単なプライマリーコースだと、テキストに記載されている作り方手順の絵が大きく、パーツと同じ大きさになってます。

なので絵とパーツを合わせてもらってパーツを組み立ててもらいます。

文字もすべて小さいお子様が読めるようにひらがなになっています。

 

一方、アドバンスコースにもなると、ロボットの作り方手順は記載がなく、図面を見て作ってもらいます。

実際大人でも慣れてない人だと手が付けられないくらいの難易度です。

 

ロボット教室によっては授業を受けている皆が違うロボットを作る教室もあります。

 

ヒューマンアカデミーでは、コースが同じレベルの子は同じロボットを製作します。

なので完成したロボットを一緒に動かしたり、速さや見た目で競ったりできることは子供達の様子を見てていいなと思う点でした。

協調性や競争力が身につきます

 

授業はどんな感じ?

授業の回数は月2回で1コマ90分の授業です。

集団授業で、受け入れ人数は校舎によって違います。

また、開講している曜日も校舎によって違います。

 

私のところは月(2コマ)・土曜日(3コマ)で開講していました。

校舎によっては週5であったり、週1のとこもあると話に聴いてます。

 

元講師の私は、複数の曜日があるところがオススメします。

なぜかというと、授業の振替えができない可能性が出てくるからです。

 

例えば土曜日で多かったのが、小学校の行事や旅行、また体調不良等で授業を振替えしたいパターン。

この時、受け入れが空いている他の日にちに振替えしなければなりません。

しかし、日程の候補が少ないと他の習い事があるから振替えできないといったことが起きているケースをよく見ました。

 

なので、入会する前に振替え制度については各校舎違うので確認しておくべきです!

 

また、校舎によって子供の人数に対する講師の人数は違うでしょう。

私は10人以上は手が回らなくなってしまった経験があったので、1コマ9人までと制限をつけていました。

全員の作業を見守り、お手伝いすることができるのがこの人数だったからです。

 

やはり保護者様からすると、お金を払って通わせるためちゃんと学んでほしいですよね?

なので教室の雰囲気を知るのも兼ねて、体験授業をオススメします!

 

体験授業サービス

無料で体験授業をすることができ、子供が興味を持ってやってくれそうか、教室の雰囲気はどんななのかを観察することができます

また、体験授業後の入会で入会費が無料になるサービスもやってます。

(校舎によって異なるかもしれません)

 

あと、各校舎で一回ずつ体験授業ができるので、先生や周りの子、教室の雰囲気に合わせた校舎選びをしたい方は、各校舎で体験授業をされることをオススメします。

 

どんな子にオススメ?

いろんな子を見てきた私ですが、オススメするのは体験授業で興味を持った子です。

私がすごく体験授業に行くことをオススメする理由はここにあります。

 

やはりロボット教室ということで、体験に来る子はもともとからレゴブロックで遊ぶことが好きというお子様が多いです。

そして体験授業で作ったロボットが実際に動かして、すごい興味を持ってくれる子は、その後も一生懸命取り組んで、ロボットづくりがどんどん馴れてきます

 

一方、この体験授業であまり興味をもってやれなかったという子は、実際に通い始めてもなかなか手をつけてくれなかったり、先生や他の子にちょっかいを出したりする子もいます

 

保護者様のご意向だけで通わるというのは、他のスイミングやそろばんなどの習い事に比べて月謝が高いこと、またお子様自身が興味を持たないとなかなか力がつかないので、あまりオススメはできません。

 

 

あとどうしても性別でいうと、男の子のが興味を持つ子は多いです。

私の教室がそうだったのですが、男女の割合が女の子1〜2割でした。

 

女の子にオススメしないというわけでなく、お年頃になると男の子ばっかだから行きたくないと感じてしまう子もいたりします。

女の子のお子様をお持ちで通わせたいと思っている保護者様は、女の子が通ってる割合も聞いてみるといいかもしれません。

 

全国大会とは?

年に一回、夏に全国大会が開催されています。

規模が大きく、2019年の第9回ヒューマンアカデミー全国大会では24000人の参加者があったようです。

kids.athuman.com

 

各地予選を行い、優秀な成績を残した子が本選に進むことができます。

 

担当していた子が出場するので、一度東海予選を見に行ったのですが、とてもレベルが高いので驚きました。

おそらく家族の協力あってなんですけど、こんなすごいロボットよく思いついて作成できるなというレベルのものばっかでした。

 

担当していた子はいい成績を出したのですが、惜しくも本選に進むことは叶いませんでした。

しかし、来年も挑戦したい!と意気込んでいたので是非頑張ってほしいなという思いです。 

 

是非ロボットづくりが馴れた子には挑戦してほしいと思います。

結果はどうであれ、すごくいい経験になると思いました。

 

 

まとめ

今話題のロボット教室について、元講師の目線で概要からどんな子にオススメするかについて述べました。

 

何度も言いますが、一番いいのは体験授業に行くことです。 

各校舎によっても雰囲気は違うので、ネットで検索するよりかは、まず足を運んでみてから考えることをオススメします。

 

また、今回の記事で分からなかったことがあれば気軽にご質問ください。

分からないこともあるかと思いますが、気になることがあるようでしたら分かる範囲で答えさせていただきます。

 

kids.athuman.com

 

 

あきしゅんにお問い合わせはこちら